J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年09月号

CASE 1 アイリスオーヤマ 公正さと成長支援のために 経営課題とリンクした基準で順位を出し、処遇にも反映

アイリスオーヤマでは、パート社員を含めた全従業員に360度評価を実施。
結果を項目別に順位づけして本人と上司にフィードバックしたり、昇格・降格等、処遇にも利用したりなど、徹底的に運用している。
その目的や評価方法、今後の課題とは。

残り:3,716文字

/

全文:4,955文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


倉茂基一氏 人事部 統括マネージャー

アイリスオーヤマ
1971年に設立。常識にとらわれない「イノベーション」と生活者目線で考える「ユーザーイン発想」を信念に、さまざまな分野・素材を組み合わせた生活用品を開発。製造と流通の双方を持つ強みを活かし、生活者のニーズにスピーディーに応える事業展開が注目される。
資本金:1億円、単体売上高:1100 億円(2014年度)、従業員数:2872名(2015年1月現在)

[取材・文]=楠本 亘 [写真]=アイリスオーヤマ提供、編集部