J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年08月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 日本一待遇がいい企業には 「常に考える」仕組みがある

岐阜県に本社を構える未来工業は、今年創業50年を迎える。
電気設備資材の製造販売から始まり、現在ではガスや水道設備資材の製造販売にも携わる。
現在、同社を指揮するのは創業社長の息子で4代目社長となる、山田雅裕氏だ。
山田氏は、歴代社長が社是として守ってきた「常に考える」を引き継ぎ、自らも実行する。
同時に、社員の働きやすさに配慮した制度や職場づくり―残業禁止、日本一長い休暇、70歳定年制、県最高クラスの給与水準など―を続けてきた。
50年間赤字ナシという驚異の経営の背景には、どんな秘訣があるのか。
同社の人材観と人材活用、組織づくりについて聞いた。

残り:3,993文字

/

全文:5,324文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


山田雅裕(Masahiro Yamada)氏
未来工業 代表取締役社長
生年月日 1963年6月
出身校 日本大学経済学部
主な経歴
1987年4月 未来工業 入社
松本営業所長、山形工場長などを
歴任
2008年6月
子会社の神保電器 社長 就任
同時に未来工業 取締役 就任
2013年6月
未来工業 社長 就任
現在に至る

未来工業
1965年創業。電気設備資材、ガスや水道設備資材の製造販売に携わる。2011年に第1回「日本で一番大切にしたい会社」大賞受賞。
15年第1回「ホワイト企業大賞」受賞。名証2部上場。
資本金:70 億6786万円、連結売上高:354億円(2015年3月期)、連結従業員数:1156名(2015年3月20日現在)

インタビュー・文/楠本 亘
写真/上野英和