J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年07月号

CASE 3 日本通運 現地での修羅場体験が成長を促す 1年間にわたる海外業務を経験させ “海外で稼げる”人材を育てる

入社4年目以降の若手社員を対象とした「海外業務研修員制度」を1964 年から実施している日本通運。
1年間、現地でさまざまな業務を経験することを通じて視野を広げ、海外で“ 稼げる”人材の育成をめざしている。

残り:4,742文字

/

全文:6,322文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

近藤廣司 氏 NITTSUグループユニバーシティ 専任部長
横澤幸紀 氏 NITTSUグループユニバーシティ 課長
西原陽子 氏 経営企画部 IR担当 主任
都築昌男 氏 営業部 主任(複合)

日本通運
1937年「日本通運株式会社法」に基づく国策会社として発足。
1950年に民間会社として再出発。陸・海・空の各種輸送をはじめ、倉庫、通関、重量品・プラントの輸送・建設、特殊輸送、情報処理・解析など物流事業全般を手がける。
資本金:701億7500万円、単体売上高:1兆899億3500万円(2015年3月期)、単体従業員数:3万3153名(2015年5月1日現在)

[取材・文]=増田忠英 [写真]=日本通運提供、編集部