J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年07月号

OPINION2 挫折と丁々発止が限界点を超える 特別扱いのない海外経験のすすめ

若者の「海外経験」の代表格ともいえる「留学」。
特に長期の海外経験は、価値観や行動に対して大きなインパクトを与える。
留学で得られる効果は、グローバル人材の育成制度を設計する際のヒントとなり得るのではないだろうか。
そこで、学生たちの海外に対する関心を高めるべく留学の魅力を発信し続ける、東洋大学の芦沢真五教授に話を聞いた。

残り:2,696文字

/

全文:3,594文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

芦沢真五( あしざわ しんご)氏
東洋大学 国際地域学部 教授
1995年フルブライト奨学生としてハーバード大学教育大学院に留学。慶應義塾大学(SFC)、大阪大学、慶應義塾ニューヨーク学院、明治大学などを経て2013年より現職。米国、欧州、日本の高等教育機関の国際化に関わる比較研究が専門。自身が担当する講義『留学のすすめ』は、多くの学生からの支持を集めている。

[取材・文]=木村美幸 [写真]=芦沢氏提供、編集部