J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

今月のNEWS

Investigation「第14回 新任役員の素顔に関する調査」報告「自ら率先して会社を変える」気概のある新任役員は9割以上●日本能率協会グループ

日本能率協会グループ10法人は、「第14回新任役員の素顔に関する調査」を実施した。同調査は、2011年1月~6月に選任された上場企業の新任取締役1413名を対象に、経営課題の認識や役員としての意識を尋ねたもの。有効回答数は229件、有効回収率は16.2%、回答者の平均年齢は55.05歳だった。会社変革への気概について尋ねたところ、「気概がある」が65.5%、「どちらかといえば気概がある」が29.7%で9割以上の新任役員が気概を持っていると回答。また、将来の昇進希望については、「社長になりたい」が20.5%(前回調査10.3%)と1998年の調査開始から初めて2割を超え、自ら率先して会社変革に取り組もうとする姿が垣間見られる結果となった。また、現在の心境について尋ねたところ、過半数の54.6%(前回調査40.9%)が「新たな可能性への挑戦に胸弾む思いである」と回答。取締役会の一員としての心構えは、72.5%(前回調査59.5%)が「自らの考え・意見を主張していきたい」と回答するなど、いずれも過去5年の調査で最も高い結果となった。さらに、現在の景況感については、約9割が「曇り」(48.9%)、「雨」(33.6%)、「どしゃ降り」(6.6%)と回答。厳しい見方の一方で、「10年後の日本社会が良くなる」と考える割合は、65.5%と、新入社員調査(日本能率協会、2011年3月)の回答55.9%を上回り、新入社員以上に将来の日本社会に前向きな新任役員の姿が浮き彫りになった。また、日本企業のトップに外国人が就任することへの認識については、「有能な人材であれば外国人トップでも積極的に登用・招聘すべきである」との回答が71.2%となり、1999年(54.8%)、2005年(56.1%)から大幅に伸びた。その他、今求められるリーダー像を戦国武将(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康から選択)にたとえると、75.5%が豊臣秀吉を選択。優れた戦略と戦術で鳴かぬホトトギスを鳴かす実行力を自社のリーダーに求めていることがうかがえた。そして20代の若手社員に薦める1冊を自由回答してもらったところ1位『坂の上の雲』(司馬遼太郎)、2位『マネジメント』(ピーター・F・ドラッカー)、3位『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)となった。

問い合わせ日本能率協会グループ広報委員会事務局TEL:03-3434-0982

Information一般社団法人 強いリーダー育成研究会設立記念シンポジウム『強いリーダーの輩出をめざして』開催●強いリーダー育成研究会

強いリーダー育成研究会(代表:道関憲雄)は、2011年7月の設立を記念して、シンポジウム『強いリーダーの輩出をめざして』を開催する。同シンポジウムは、高いビジョンと強い意志、人材を育てながら結果を出せるリーダーシップを得る策、そうした人材を育成する策のヒントの提供をめざしたもの。プログラム内容は、基調講演「リーダーシップとマネジメント」(東京大学教授宮田秀明氏)、特別講演1「前向きに一歩踏み出す個を支援するリーダーの役割」(慶應義塾大学 教授 花田 光世 氏)、特別講演2「組織の活力の源は個人―個人PMの勧め」(PMラボラトリー代表冨永章氏)。そして、三氏によるパネルディスカッション「強いリーダーとは」を実施し、参加者と議論を深めていく。同シンポジウムは、2011年10月27日(木)13:30~18:00、東京大学武田ホールで行われる。参加希望者は事前申込みが必要。定員400名に達した場合締め切り、参加費は2000円。

問い合わせ一般社団法人 強いリーダー育成研究会TEL:042-339-2678

Investigation2011年版『産業人メンタルヘルス白書』概要仲間や会社との「絆」がメンタルヘルスに寄与●日本生産性本部

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,531文字

/

全文:3,061文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!