J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

内省型リーダーシップ 最終回 特別対談 しなやかに生きるための内省のススメ

「自分を見つめること」=「内省」がリーダーシップを育てる上で効果的であるという研究結果をもとに、新しい“内省型リーダー”のあり方を、これまで全6回にわたる連載で解説してきた。連載終了にあたって、著者2名による対談をお送りする。連載を踏まえて見えてきたのは、内省がリーダーにとってだけではなく、全ての人にとって持つ意義だ。なぜ今内省なのか。内省は私たちにどのような変化をもたらすのだろうか。

残り:3,863文字

/

全文:5,150文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

永井 恒男(ながい つねお)
野村総合研究所IDELEA(イデリア) 事業推進責任者
2005年、野村総合研究所の社内ベンチャー制度を活用して、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業「IDELEA(イデリア)」を起案し、立ち上げる。facebookとtwitter(ID:neo_nagai)で連載の感想募集中!http://www.id.nri.co.jp/
八木 陽一郎(やぎ よういちろう)
香川大学大学院 地域マネジメント研究科准教授
組織行動学を専門とし、「内省と対話」によるリーダーの成長、組織変革などの研究を行う。2007年より、現職および慶応義塾大学SFC研究所上席所員に就任。2010年、NPO法人ソーシャルベンチャーズ四国を設立。地域のイノベーションにも取り組む。

取材・文・写真/石原 野恵