J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 自分と向き合うことの第一歩は 何を感じているかを問うこと

2005年に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して誕生したアステラス製薬。同社では、中長期ビジョンで「他社を凌駕するスピード」「環境変化に対応する変革力」「競争力を生み出す専門力」「更なる力を生み出すネットワーク力」を期待する人材像として掲げている。それらの力を有する人材を育成する人材育成体系が「アステラスビジネススクール」だ。その企画から具体的研修の実施運営までを担っているのがアステラス総合教育研究所である。中でも、新入社員から中堅社員向けの研修の企画・運営を取りまとめる朝妻綾子氏に、教育に対する想いをうかがった。

残り:3,470文字

/

全文:4,626文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

企画部 課長 コンサルタント
朝妻 綾子(Ayako Asazuma)
1980年3月山之内製薬入社。本社総務部総務室(受付)に配属。1982年総務部秘書室配属となり、約12年間にわたり秘書業務に従事。社長担当秘書も務める。1994年8月研修センター配属。2005年山之内製薬、藤沢薬品工業合併に伴い、アステラス総合教育研究所へ転籍。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、EQプロファイラー等の資格を持つ。

アステラス総合教育研究所
2005年4月アステラス人材開発サポートとして設立。山之内製薬、藤沢薬品工業の合併によって設立したアステラス製薬の人材を育成する組織として、アステラス製薬はもとより、アステラスグループ各社の人づくりを担う。2008年アステラス総合教育研究所に名称変更。

取材・文/浅久野 映子、写真/髙橋 美香