J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年01月号

今月のNEWS

2012年度(第34回)「当面する企業経営課題に関する調査」結果

グローバル人材マネジメントに課題山積

●日本能率協会

日本能率協会は1979 年から、国内主要企業の経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施している。今年度は2012 年8 月に実施し、全国の上場企業・非上場企業、計548社の回答を得た。回答は9月上旬時点までのもの。

その結果、経営の「グローバル化」への課題意識が高まり、グローバル人材マネジメントには課題が山積していることがわかった。

現在最も重視する経営課題の上位は、昨年同様に、1位「売り上げ・シェア拡大」(54.9%)、2位「収益性向上」(48.0%)、3位「人材強化(採用・育成・多様化)」(40.0%)が挙げられている。経年の変化を見ると、「グローバル化(グローバル経営)」が、2011 年の6位(17.1%)から2012 年は5位(19.7%)に上昇し、2009 年(7.5%)から増加基調にある。

経営のグローバル化に関して、人事領域の課題として昨年比で最も増加したのは「グローバル経営人材の育成・登用」(2011 年7位18.6%→ 2012 年4位26.8%)であった。

一方で、グローバル人材マネジメント施策の取り組み状況については、10 項目全ての設問で「できていない」(「十分にはできていない」「ほとんどできていない」の合計)とする回答が大半を占めており、グローバル化に向けた人材面の取り組みが十分にできていない様子がうかがえる。

その他、

・アジアを中心にグローバル展開が進む―「地産地消型」へ

・M&A と研究開発への投資に積極的―事業構造改革による成長への取り組み進む

・「長期的視点」「明確な経営理念・戦略」「組織としての実行力」が改革・成長の鍵

・日中韓のパートナーシップ―相手国企業の魅力度「高まる」といったことが明らかになった。

問い合わせ

一般社団法人日本能率協会 JMAマネジメント研究所

TEL:03-3434-6270

女性管理職・役員の登用・活用状況のアンケート調査結果

「意思決定ボード」※の真のダイバーシティ実現に向けて

●経済同友会

経済同友会では、会員企業の女性管理職・役員の登用・活用に対する現状や、女性の登用・活用に関して、アンケート調査を実施した。それによると、女性の登用・活用に関する現状等について、女性の登用・活用を経営指針や経営計画等に明示している企業は39%。28%の企業が今後の対応を検討している。

また、女性の登用・活用を推進する組織の設置についての設問では、35%の企業がすでに設置しており、26%の企業が今後の対応を検討していることがわかった。女性役員・管理職の登用については、女性の登用は管理職4.6%、意思決定ボード2.7%と低い。管理職の女性登用は増加傾向(53%)にあるが、役員レベル(増加傾向は13%)までは達していない。今回のアンケート結果から、会員の所属企業では、女性の登用が喫緊の経営課題として認識されつつあり、国際的には低水準ではあるものの課長職レベルの女性登用は増加傾向にあることがわかった。

※経営や事業の意思決定に関わる部長、役員などを表す

問い合わせ

経済同友会

政策調査第2部

TEL:03-3211-1271

日本企業グローバル化調査

最前線の海外駐在員には自負と孤立感

●ジェイ エイ シー リクルートメント

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,369文字

/

全文:2,738文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!