J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

JMAM通信教育優秀企業賞 受賞企業事例報告 ホンダロック 自ら学ぶ意欲を培う“創造と挑戦”の風土づくり

宮崎県佐土原町に位置するホンダロックは、本田宗一郎氏が私財を投じて設立したキーロックメーカー。同社では、従業員の自主性を重視し、通信教育を自己啓発の手段として活用。高い参加率となっている。同社の根底に流れる企業哲学と、それに基づいて具体化された施策を紹介する。

残り:3,059文字

/

全文:4,079文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

長友 啓喜氏
資格制度委員会委員長(R&Dセンター所長)
日髙 浩司氏
資格制度委員会事務局(総務課主査)
下薗 伸行氏
訓練促進事務局(経理課主任)
佐藤 博俊氏
総務部長
日産化学工業
1887年、日本初の化学肥料製造会社として創業。「精密有機合成」「微粒子制御」「機能性高分子」を基盤技術とし、化学品、農薬、医薬品分野などで製品開発・市場開発を推進している。世界に通用するブランド力を備えた「価値創造型企業」としての持続的成長をめざす。
資本金:189億4200万円、売上高1490億3600万円、従業員数:1710名(すべて2009年3月期)
取材・文/石原 野恵、 写真/ホンダロック提供、石原 野恵