J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

連載 人材教育最前線 プロフェッショナル編 異文化で働く体験を通して自らを磨き、組織を強くする

日本を核にアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国に70カ所を超える拠点を中心に事業を展開しているアルプス電気グループ。2010年3月期の海外生産売上高は、71%を占めている。同社は、多くの日本人が海外現地法人へ出向する一方で、海外現地法人の社員が日本の拠点に勤務する研修制度の導入も進んでいるのが特徴。グローバルな人材活用に注力した教育が行われている。そうした同社で10年以上にわたり、人材開発や人事といった人づくりにまつわる部署で活躍してきたアルプス電気松山慎二人事部長に、人材育成に対する想いを伺った。

残り:3,668文字

/

全文:4,890文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

松山 慎二(Shinji Matsuyama)氏
アルプス電気 人事部 部長
1981年4月アルプス電気に入社。1995年本社の人材開発グループマネージャーを務める。以降、人事部グループ主査、人事総務部長を歴任。2009年に人事部長に着任する。また、日本キャリアデザイン学会、事業継続推進機構に所属。
アルプス電気
日本を核にアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国に開発、生産、販売拠点を展開する電子部品を開発・製造販売する大手メーカー。「アルプスは人と地球に喜ばれる新たな価値を創造します」を企業理念に、世界各国で地域社会と信頼関係を築きながら電子産業の発展に貢献することをめざす。
設立:1948年、資本金:236億2300万円、従業員(連結):3万6520人(2010年3月末現在)
取材・文/浅久野 映子、写真/高橋 美香