J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

NEWS

第4回「新入社員のグローバル意識調査」結果発表新入社員の海外志向は過去最高。二極化するグローバル意識

●産業能率大学

産業能率大学では、18歳~26歳までの新入社員400名(男性185名、女性215名)を対象に「新入社員のグローバル意識調査」を実施した。調査の結果、新入社員のおよそ2人に1人は海外で「働きたくない」と回答。理由には「リスクが高い」(56.1%)、「能力に自信がない」(54.6%)などの声があがった。また、外資によるM&Aについて「不安を感じる」との回答が前年の調査を4.9ポイント上回る33.8%となり、増加傾向にある。経営トップや上司・同僚が外国人であることに抵抗感があるか尋ねると、経営トップが外国人の場合では57.1%、上司が外国人の場合では54.3%が「抵抗感がある」と答えた。海外志向の低さが目立つ一方、海外で働きたいと思う人の中で「どんな国・地域でも働きたい」と回答した人は27%に上り、過去最高の割合を示した。海外志向の向上策については、「語学研修の実施」(57.5%)が高い支持を得た。

問い合わせ

学校法人 産業能率大学 企画広報部企画広報課TEL:03─3704─9040

第5回「企業における人材育成実態調査2010」結果発表経営層が認識する内部的課題、「収益性向上」をおさえ「人材育成」が1位に

●NTTレゾナント

NTTレゾナントは、人事・人材育成部門の管理職以上を対象に「企業における人材育成実態調査」を実施し、189社から回答を得た。調査の結果、経営層が認識する内部的課題については「人材育成」が78.8%、次いで「収益性向上」(70.4%)、「顧客満足度の向上」(67.7%)と続いた。これにより、短期的な視点での収益向上から中長期的視点で対策が必要な人材育成を重視していることがうかがえた。また、本調査発表には、過去3年間の売上高成長率が0%以上の「成功企業」、グローバル市場への展開を進めている「先行企業」に共通する人材育成上の特徴を「企業群の比較分析における特徴サマリー」として掲載。人材開発投資では「全社員一律研修よりもモチベーションの高い人材を優先的に育成して、成長の機会を与える」といった特徴が紹介されている。

問い合わせ

NTT レゾナント株式会社ビジネスプラットフォーム事業部 人材コンサルティング部門TEL:03─6703─6600e-mail:e-cube@nttr.co.jp

第13回「新任役員の素顔に関する調査」報告国内景気の見通しは明るく、施策は開発力・営業力の強化へ

●日本能率協会

日本能率協会では、2010年1月~6月までに選任された上場企業の新任取締役252名を対象に、経営課題に対する認識や意識に関するアンケート調査を実施した。

国内景気について尋ねると、「晴れ」(0.4%)、「晴れたり曇ったり」(8.3%)、「曇り」(56.7%)で、回復しつつあるとの認識が6割を超える結果となった。業績回復施策についての質問では、2009年度の調査では上位だった「コスト削減」「業務の効率化」はそれぞれ約10ポイント近く減り、「営業力強化」が40.9%、「人材の確保」が19.4%と前年と比べて大きな伸びを見せた。「営業力強化」「人材の確保」を重視する傾向が強まり、“守り”から“攻め”へとシフトしている様子がうかがえる結果となった。

問い合わせ

日本能率協会グループ広報委員会 事務局

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,500文字

/

全文:2,999文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!