J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

論壇 研究者・技術者はR&Dビジネスリーダーをめざせ ~スペシャリストからプロフェッショナル、そしてビジネスリーダーへ~

今、研究開発部門の存在価値が問われている。研究開発投資の割にその成果が少ないとの指摘が経営者をはじめとして多いのだ。魅力的なアイデアやテーマを事業化につなげ、企業の成長戦略の一翼を担うR&Dビジネスリーダーになるにはどうしたらいいのかを本稿では紹介する。

残り:3,586文字

/

全文:4,781文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

木村壽男(きむら・ひさお)氏
1983年、京都大学農学部食品工学科卒業。企業の研究所にて研究開発活動に従事した後、JMAC日本能率協会コンサルティング入社。現在、同社経営革新本部シニア・コンサルタント。主に経営戦略、技術戦略、研究開発戦略の分野のコンサルティングを行っている。2004年8月より京都大学産官学連携本部・産官学連携フェロー、2010年4月より青山学院大学大学院理工学研究科・非常勤講師(研究開発特論)を兼務。主な著書に『開発成長企業の戦略』(同友館)、『研究開発が企業を変える』(学文社)、『企業ビジョンの実現』(マネジメント社)。