J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

TOPIC-① 「脱!無縁職場シンポジウム~ひとりランチ社員が増えていませんか?~」レポート 職場の縁とは何か?無縁職場を脱するために必要なこと

去る7月28日、東京国際フォーラムにてFeelWorks主催による『脱!無縁職場~ひとりランチ社員が増えていませんか?~』と題するシンポジウムが開かれた。同シンポジウムは、コンサルタント会社をはじめ、企業の人材開発の第一線で活躍する人物を招いて職場の縁とは何か、必要なものなのかについて問い直すというものだ。若手社員、ミドルマネジャー、外資系企業と日本企業、そして時代の変化とともに現代の職場の縁はどのように変化しているのかについて考える4つの講演とパネルディスカッションの様子をレポートする。

残り:5,995文字

/

全文:7,993文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

■講演①
会社組織に疑心暗鬼になる若手社員のリアル
阿部淳 一郎氏
人財ストレスラボ 代表取締役
■講演②
会社の不条理現象とモチベーション変革の視点
松田 智生氏
三菱総合研究所 主任研究員 シニア・プロジェクトマネージャー
■講演③
日本企業と外資系企業の職場風土はどう違うのか
堀越 由紀氏
プライスウォーターハウスクーパース コンサルタント
【パネルディスカッション】
組織の一体感はつくれるのか?つくるべきなのか?
■パネラー
松山 慎二氏
アルプス電気 管理本部 人事部 部長
小林 いづみ氏
マイクロソフト 人事本部 組織人財開発部 シニアPOCコンサルタント
松田 智生氏、堀越 由紀氏、
戸山 孝氏
■司会
前川 孝雄氏
FeelWorks 代表取締役

取材・文/高橋 美香、写真/本誌編集部