J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 衆知を結集し、成果を喜び合う組織をつくる

ビジネスを取り巻く経営環境の変化は加速するばかりだ。1989年当時13行を数えた都市銀行は、現在3つのメガバンクへと収斂された。財閥の枠を超えての合併と話題になった三井住友銀行も、来年4月には合併から10周年を迎える。この間、金融自由化を背景に、個人、法人、企業金融、市場営業、国際、投資銀行と銀行の部門は細分化された。専門化した金融商品の提案や多様化する顧客ニーズへの対応ができる人材をいかにして育てるか。今年4月に三井住友銀行人事部研修所所長に就任した金子良平氏に、人材育成への想いと今後の展望について伺った。

残り:3,386文字

/

全文:4,515文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人事部研修所 所長
金子 良平(Ryohei Kaneko)氏
1983年入行、心斎橋支店勤務を経て、1986年より国内部門の収益集計・戦略立案に関する業務企画部に配属。1994年より業務統括部店舗グループ長としてATM24時間化等のネットワークの拡充に携わる他、2008年個人統括部部長を歴任。2010年4月より現職。
三井住友銀行
日本3大メガバンクの1つ。2001年には、さくら銀行と住友銀行が合併し、三井住友銀行として発足。翌2002年には、三井住友フィナンシャルグループが設立され、同社の完全子会社となった。現在国内に1549カ所、海外に34カ所の拠点を構える。
設立:1996年、資本金:1兆7710億円、従業員数:2万2460人(ともに2010年3月31日現在)
取材・文/浅久野 映子、写真/髙岡 隼人