J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年01月号

JMAM 通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 カルビー トップ自ら“学びの大切さ”を伝え、自立人財の育成に通信教育を活用

継続的成長と高収益体質を実現し、グローバル食品企業をめざすカルビー。
長い歴史を持つ同社は2009年に経営体制を刷新。
社員の自主的な学びこそ組織の成長の源だとして、通信教育を中心とする自己啓発の重要性を社内で改めて周知徹底。
社員の学びを支えるさまざまな施策に取り組んでいる。

残り:3,155文字

/

全文:4,206文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

江木 忍 氏 執行役員 人事総務本部 本部長
田村正弘 氏 人事総務本部 人財開発部 部長
ウスケムバエワ バヤン 氏 人事総務本部 人財開発課

カルビー
1949年、松尾糧食工業所を松尾糧食工業株式会社として法人に改組し、広島で設立。1955年、社名をカルビー製菓株式会社に変更。社名はカルシウムの「カル」、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語で、健康維持、促進に役立つ商品づくりをめざす思いが込められている。1973年に本社を東京に移転、社名をカルビー株式会社に変更。2009年、経営体制を一新し、ペプシコ社と業務・資本提携。
資本金:119億4600万円(2014年3月31日現在)、連結売上高:1999億4100万円(2014年3月期)、連結従業員数:3341名(2014年3月31日現在)

取材・文・写真/井戸沼尚也