J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年01月号

KEYWORD 4 「内なるグローバル化」と外国籍人材の獲得・活躍

労働力の確保と国際競争力向上のため、日本企業の人事にとっては、外国籍人材の獲得や活用、育成も目下のテーマとなってきている。
そうした中、海外の名だたる大学からのインターンなど、外国籍社員を積極的に受け入れているのが三井化学だ。
その取り組みの具体的な内容や、これまでの苦労や課題について、人事部グローバル人材開発グループ グループリーダーの吉田存方 氏に伺った。

残り:3,038文字

/

全文:4,051文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

吉田存方(まさのぶ)氏
人事部 グローバル人材開発グループ グループリーダー

三井化学
1997年、三井石油化学工業と三井東圧化学が合併して三井化学が発足。三井グループの総合化学メーカーとして、自動車、電子・情報材料、生活・環境・エネルギー、包装材料などの幅広い分野で、革新的な技術と素材を広く社会に提供している。
資本金:1250億5300万円(2014年3月現在)、連結売上高1兆5660億円(2014年3月期)、連結従業員数:1万4271名
(2014年4月1日現在)

[取材・文]=赤堀たか子 [写真]=編集部