J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年11月号

覆面座談会 管理職のホンネ 会社全体の成長は管理職の成長から始まる

組織の管理、人材育成、予算管理など、日々、多忙を極める管理職たち。管理職自身は自分たち自身の学びの機会をどう捉えているのか――。4名の現役管理職によるディスカッションから見えてきたのは、会社の“これから”を真剣に考える管理職たちの姿だった。

残り:3,845文字

/

全文:5,127文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

座談会参加者
A氏(39歳、男性)
大手インターネットサービス会社勤務。SEとしてキャリアを積みながら、管理職としての役割も担う。
B氏(43歳、男性)
大手不動産会社勤務。入社以来スタッフ業務をメインに携わる。現在も事業ラインのスタッフ部門で業務委託先を含む約20名のスタッフをまとめる。
C氏(50歳、男性)
精密機械メーカー勤務。技術職として勤務の後、中国の生産拠点の管理・監督を担当。10年前に帰国し、現在は品質管理、CSRに携わる。
D氏(39歳、女性)
広告代理店勤務。広告を中心に、制作進行に携わる。1年前から管理職となり、制作進行の職に当たりながら、チームの管理も行っている。

司会:山田 学
日本能率協会マネジメントセンター JMAMビジネスカレッジ

取材・文・写真/髙橋 美香