J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年12月号

JMAM通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 日油 「能力開発ポイント制度」が促す 戦略的な自己啓発

通信教育を人材育成に積極的に活用し、学ぶ風土を醸成している企業に贈呈される「JMAM通信教育優秀企業賞」。12月号から2号にわたり、2011年表彰の4社を紹介する。10年以上にわたり、通信教育を社員の自己啓発に役立ててきた日油では、自己啓発と人事制度を連動させた「能力開発ポイント制度」という仕組みを構築することで、社員が自ら学ぶ意欲を喚起・維持することに成功している。「能力開発ポイント制度」とはどのようなものなのか。社員の学びと成長を刺激する同社の“仕掛け”を紹介する。

残り:2,842文字

/

全文:3,789文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

前田 晃寿 人事・総務部 人材開発担当部長

日油株式会社
1937年、日本産業の傘下にあった日本食糧工業、国産工業不二塗料製造所、ベルベット石鹸および合同油脂が合併し、日本油脂として設立。化学メーカーとして機能化学品事業、ライフサイエンス事業、化薬事業など、幅広い事業を展開する。2007年に現在の社名に変更。
資本金:177億円、売上高(連結):1541億円、従業員数:1697名(いずれも2011年3月31日現在)

取材・文/髙橋 美香 写真/日油提供(同社、油化学研究所)、髙橋 美香