J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年12月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 創造開発力もグローバル人材も 源泉は「心の才能」

かつて困難とされていた機械の直線運動部の「ころがり化」。それを実現したのが、工作機械や半導体製造装置等々に使われているTHKの「LMガイド」だ。これは、回転運動部のころがり化を実現した回転ベアリング以来の技術革新だった。それから40年。グローバル時代を生き抜くにあたり新たな技術革新、人材づくりに迫られる同社。さらなる成長のヒントについて、寺町社長に伺った。

残り:4,426文字

/

全文:5,901文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

THK 代表取締役社長
寺町 彰博(Akihiro Teramachi)氏
生年月日 1951年4月5日
出身校 慶應義塾大学 商学部
主な経歴
1975年10月 大隈鐵工所退社
1975年10月 THK入社
1977年4月 甲府工場長に就任
1982年3月 取締役業務部長に就任
1987年6月 常務取締役管理本部長に就任
1994年6月 取締役副社長に就任
1997年1月 代表取締役社長に就任(現)
1997年~  THK Holdings of America, L.L.C.、THK Europe B.V.、THK (中国) 投資有限公司など各国グループ企業の会長、董事長に就任
現在に至る

THK
1971(昭和46)年設立。LMガイド、ボールスプラインなどの機械要素部品の開発・製造・販売を行う。その他、メカトロ関連製品各種、自動車部品、戸建住宅から高層ビルまで対応可能なTHK免震システムの開発・製造・販売も。
資本金:346億600万円、連結売上高:1906億円、連結従業員数:8025名(全て2011年3月31日現在)

インタビュアー/西川 敦子 写真/太田 亨