J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

今月のNEWS

「ポスト3.11の仕事観」に関する調査「仕事や職場等の状況について気づきがあった」は約6割

●NTTデータ経営研究所/gooリサーチ(NTTレゾナント)

NTT データ経営研究所は、2011 年9月29 日~ 10 月4日に非公開型のインターネット調査を行った。同調査は、企業に勤務する社員を対象に、東日本大震災から半年以上が経過してからのビジネスパーソンの仕事観の状況、職業生活全般に影響を与える要因を分析したもの。有効回答者数は1021 人だった。

職業生活全般の満足度について尋ねたところ、「非常に満足している」(3.2%)、「まあ満足している」(54.8%)を合わせ、6割弱(58%)が満足しているという結果となった。さらに、「職業生活全般に満足しているグループ」では「会社に満足している」が73.1% であったのに対し、「職業生活に満足していないグループ」は11.0% にとどまった。

東日本大震災の際に、「会社から安否確認あり」の層は、「会社から安否確認なし」の層よりも、職業生活全般の満足度、会社に対する満足度の割合が高い傾向を示した。

さらに、東日本大震災後、仕事や職場等の状況について、なんらかの気づきがあった人は59.7% となり、そのうち「仕事があることの大切さを実感した」人の割合は29.9%、次いで「ワーク・ライフ・バランスに対する関心が高まった」が19.5%、「社員を大切にしてくれる会社だと思った」(13.8%)、「一緒に働くことができる仲間がいることの幸せを感じた」(12.9)となった。

また、震災後、勤務先がテレワークについて「制度(試行実験も含む)を整備し、実施している」割合は9.0%、「職場の上司や個人の裁量で実施している割合は8.8% と、実施率は合わせて17.8%となった。テレワーク実施の状況と、職業生活全般の満足度との関連を見ると、職業生活の満足度が高い割合(「非常にそう思う」「まあそう思う」)は、「制度(試行実施を含む)を整備し、実施している」企業に所属する人の68.4%、「職場の上司や個人の裁量で実施している」企業に所属する人の70.0% を占め、「実施していない企業」に所属する人の55.5% に比較して、相対的に高くなっていることがわかった。

問い合わせ

株式会社NTT データ経営研究所

TEL:03-5213-4130

2011年度 日本経営品質賞 受賞組織決定今年は大規模部門4組織、中小規模部門8組織が申請

●日本生産性本部

日本生産性本部は、2011 年度 日本経営品質賞 受賞組織を発表した。日本経営品質賞とは、顧客の視点から経営を見直し、自己革新を通じて顧客が求める価値を創造し続ける組織を表彰する制度のこと。今年度の日本経営品質賞は、シスコシステムズ エンタープライズ&パブリックセクター事業(大規模部門受賞)、川越胃腸病院、ねぎしフードサービス(中小規模部門受賞)の3組織が受賞。シスコシステムズ エンタープライズ&パブリックセクター事業は、経営品質の考え方を実践してわずか3年間で業績・顧客価値向上、組織革新において成果を出し、世界各地域の現地法人に展開するなど、部門から全体へ結びつける活動を行っている点が評価された。また、従業員のやりがい、働きがいを出発点にした仕組みをつくり、患者満足につなげる取り組みを継続してきた川越胃腸病院、自由闊達な組織風土づくりや対話による気づきを通した自己革新で外食産業全体が厳しい中、着実な業績を上げてきた、ねぎしフードサービスが受賞した。

問い合わせ

日本経営品質賞委員会 アドミニストレーション(日本生産性本部内)

TEL:03-3409-2641

マネジメントスキル調査部下から見た上司のマネジメント力は「話は聞くが、目標管理が甘い」

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,528文字

/

全文:3,056文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!