J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

連載 人材教育最前線 プロフェッショナル編 想定外のところに“ 本当の成長”が待っている

10年後の三菱地所グループの理想型、強固なバリューチェーンに裏打ちされた投資開発事業におけるNo.1企業をめざし、中期経営計画「BREAKTHROUGH 2020」を策定した三菱地所。事業戦略実現に向けて、全社的なグローバル化の推進、環境への積極的な取り組み、経営インフラの強化、そして人材育成や活力のある職場づくりに取り組んでいる。そうした同社の人づくりを担うのが人事部副長の後藤泰隆氏だ。都市の未来を創造する組織をつくるために人事部の果たすべき役割は少なくないと話す後藤泰隆氏に、人材育成について伺った。

残り:3,145文字

/

全文:4,193文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

後藤 泰隆(Yasutaka Goto)氏
1991年三菱地所入社。都市開発部配属。オフィスビルや大規模物件の開発に8年間携わる。その後、丸の内ビルの運営管理を担当する。2002年、人事業務の関係会社であるメック・ヒューマンリソースに2年間出向。2004年企画管理本部人事企画部、2005年資産開発事業部、2007年人事企画部、2009年4月人事部

三菱地所
1937年5月7日三菱合資会社の不動産部門・建築部門が分社して設立。オフィスビル・商業施設等の開発・賃貸・管理、収益用不動産の開発・資産運用、住宅用地・工業用地等の開発・販売、余暇施設等の運営、不動産の売買・仲介・コンサルティングなどを幅広く展開する。
資本金:1413億7321万4071円(2011年3月31日現在)、従業員数:624名(2011年3月31日現在)、連結:8001名

取材・文/浅久野映子、写真/髙橋美香