J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年02月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 判断の軸を持つ個人と組織こそが変化に対応できる

普段の生活で我々が見る地図は、もはや紙媒体を通してではなく、カーナビやスマートフォンといったデジタル媒体のものがほとんどではないだろうか。このことは、地図業界を巡る変化の激しさを意味している。この激しいビジネス環境の変化に対応するために、髙山善司社長が社長就任の翌2009年に発表した長期経営構想が「ZENRIN GROWTH PLAN 2013」。そこに託されたのは、地図の制作会社から、「知・時空間情報」の総合プロバイダーへと転身するために、組織をどうまとめ、個々のモチベーションを高めていくのか――。5年、10年先を見据えた戦略と人づくりを聞いた。

残り:4,319文字

/

全文:5,758文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

髙山 善司(Zenshi Takayama)氏
生年月日  1962年4月24日
出身校   西南学院大学商学部
主な経歴
1986年4月 ゼンリン入社
2003年4月 東京第二支社長
2004年4月 営業本部副本部長
2005年4月 経営戦略室長
2006年4月 営業本部長
2006年6月 取締役営業本部長
2008年4月 代表取締役社長就任
現在に至る

ゼンリン
1948年創業、1961年設立。『知・時空間情報』の基盤となる各種情報を収集、管理し、住宅地図帳などの各種地図、地図データベース、コンテンツとして提供。また、それらに付帯、関連するソフトウェアの開発・サービスの提供。国内8社、海外5社の関連会社を持つ。東証一部上場。
資本金:65億5764万円、連結売上高:528億8000万円、単体売上高:383億8200億円(ともに2011年3月期)、単体従業員数:2015名(2011年3月31日現在)

インタビュアー/赤堀たか子Interview by Takako Akahori写真/飯山翔三Photo by Shozou Iiyama