J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年03月号

論壇 自律自走型組織を創造する革新プロデュースのすすめ

より高みをめざして自社は変わる必要がある、と感じている企業や組織のトップ層は多い。しかし、実際に変わるのは難しい。さまざまな手を打ち、一時は盛り上がっても一過性に終わってしまったり、抵抗を受けたりする。その原因は多くの場合、現場の管理者のマネジメントスタイルにメスを入れていないから。“自律自走型組織”を実現するためのマネジメントのあり方・考え方と、変革の仕方のポイントを抽出した。

残り:3,434文字

/

全文:4,578文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

伊藤 冬樹(いとう・ふゆき)氏
早稲田大学理工学部卒業。エンジニアリング会社にて設計業務に従事後、日本能率協会コンサルティング入社。事業戦略立案、マーケティング領域のコンサルティング経験を経て、現在は自立自走化マネジメント革新に取り組む。共著に『信頼・貢献バリューに基づき「動機づく」職場を実現する』(JMAC/刊)などがある。