J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年03月号

原理原則に立ち返るこう育てる! 営業人材

商品やサービスが売れない時代、企業にとって売り上げ拡大は急務であり、自社の営業には1人でも多く、“売れる”人材となってほしいところである。
1990年代から始まった営業改革、問題解決型営業への転換など、強い営業人材を育てるために企業や教育部門はさまざまに取り組んできた。
こうして新しい手法が次々と登場したが、大事なのは土台である。
そう、土台が欠けた家はまっすぐ建つことすらできない――
本特集では営業人材育成のための原理原則を探る。

残り:3,319文字

/

全文:4,425文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。