J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年04月号

企業事例② トリドール 「ツイッター部長」が語るソーシャルメディアの育成的効果

セルフサービスのうどん店「丸亀製麺」を展開するトリドールでは、ツイッターなどのソーシャルメディアを導入し、顧客のコミュニティを育てている。これはもちろん、丸亀製麺のファンを増やすことで売上の拡大・安定を狙う戦略だが、ソーシャルメディアの活用は、人材育成の観点からも取り組む価値があるという。「ツイッター部長」で著名な末広栄二氏に聞いた。

残り:2,501文字

/

全文:3,335文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

末広 栄二 氏
マーケティング推進プログラム 部長

トリドール
1990年、有限会社トリドールコーポレーションとして設立、1995年、株式会社トリドールに。「丸亀製麺」の他、「とりどーる」「長田本庄軒」などの店舗を経営。グループ店舗は全国で615店(2012年2月現在)。
資本金:13億1829万6000円、連結売上高:488億3500万円、連結従業員数:社員数:446名、パート数:5996名(平成23年3月31日現在)※1日8時間換算による月平均人数

取材・文] = 赤堀たか子[写真] = 本誌編集部