J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年04月号

Opinion② 社会が変わり、学びが変わるソーシャルメディアの情報革命

さまざまなモバイルツールやソーシャルメディアが登場している現在。情報技術を利用した学習環境のデザインに関する専門家で、産学協同のプログラムに多数かかわる東京大学情報学環の山内祐平准教授は、これらのツールを用いたソーシャルラーニングによって、自律的かつ持続的な学びが可能になるという。ソーシャルラーニングによる“学び”と学習環境のデザインについて聞いた。

残り:3,290文字

/

全文:4,386文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

山内 祐平(やまうち・ゆうへい)氏
愛媛県生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。2000年より大阪大学助手、茨城大学講師、助教授を経て、現在は東京大学大学院情報学環准教授。専門は、情報技術を利用した学習環境のデザインおよび情報やメディアのリテラシーに関する研究。著書に『デジタル教材の教育学』(東京大学出版会/刊)、『学びの空間が大学を変える』(ボイックス/刊)他。

[取材・文・写真] = 石原野恵