J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年01月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 他者と自己の可能性を信じ挑戦する風土を育てる

ユー・エス・ジェイのスローガンは、「Everything is possible. Swingthe bat! Decide now. Do it now」。あらゆることは可能であると信じ、失敗を恐れずにバットを振り、決断し、実行する、そんな人材を育てようとしているのだ。これを体現しているのが、人事部の梅原千草氏その人だ。梅原氏の話を伺っていると、熱意を持って仕事に取り組み、経験を振り返って次なる目標を立て、着実に実行してきたことがわかる。チャレンジ精神に溢れた梅原氏の軌跡と、それを可能にする同社の社風、そして、人材育成に対する想いをお伺いした。

残り:3,774文字

/

全文:5,032文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

梅原 千草(Chigusa Umehara)氏
2000年にユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するユー・エス・ジェイ入社。新卒採用第一期の社員としてアトラクション立ち上げにかかわる。2002年に人事部に異動。アルバイト採用・仕組み作り、新卒採用・教育、中途採用・教育、全社教育などを経験。2012年4月から現職。
ユー・エス・ジェイ
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンR」の運営を行う。2001年3月31日に、アメリカ外で初のユニバーサル・スタジオとして大阪市此花区に開業。同テーマパークは、映画をテーマにしたアトラクションや世界的に人気のキャラクターが活躍するショーなどのエンターテインメントを提供し、朝から夜まで、子どもから大人まで楽しめる。2012年10月に総入場者数1億人を達成。資本金:371億円、社員数:810 名
取材・文/木村美幸、写真/本誌編集部