J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年01月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 創業者のDNAと夢を伝え、未来に開花させる大和ハウス流育成術

1955年、「建築の工業化」を企業理念に創業した大和ハウス工業。
住宅や商業施設の建築を行うなど、幅広い事業展開を進める。
さらに環境エネルギー事業、ロボット事業、農業事業などに進出。
創業100周年を迎える2055年までに売上高10兆円の企業群をめざしている。
その原動力となるのが、創業者である故・石橋信夫氏の仕事哲学だ。
同社のDNAともいえるその教えとは。

残り:4,651文字

/

全文:6,201文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

樋口 武男(Takeo Higuchi)氏
生年月日 1938年4月29日
出身校 関西学院大学 法学部
主な経歴
1963年 大和ハウス工業 入社
1984年 取締役 就任
1991年 専務取締役 就任
1993年 大和団地株式会社
代表取締役社長 就任
2001年 大和ハウス工業
代表取締役社長 就任
2004年 代表取締役会長兼CEO 就任
現在に至る

大和ハウス工業
1955 年創業。
半世紀以上にわたり住宅や商業施設等を提供し、幅広い事業展開を進める。
近年は、新たに環境エネルギー事業、ロボット事業、農業事業などに進出。
人が心豊かに生きる社会の実現をめざす。
資本金:1,101億2,048万3,981円、売上高(連結):1兆8,487億9,700万円( 2012年3月期)、従業員数:28,249名( 2012年4月1日現在)

インタビュアー/西川敦子 写真/武島 亨