JMAM 通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 北陸電力 自己啓発の定着で、目標を立てチャレンジする人格を形成

富山・石川・福井の3県を中心に電気事業を展開する北陸電力では、社員の自己啓発支援の手段として、長年にわたり通信教育を活用している。
自己啓発による受講者は年間3,000人を超え、全体の約6割に上る。
中には8割を超える職場もあり、通信教育による自己啓発が習慣化され、知識・スキルの向上のみならず、目標を立てチャレンジする人格形成にもつながっている。

残り:3,236文字

/

全文:4,315文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る