J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年02月号

連載 金井壽宏の「人勢塾」に学ぶ。試す! 人と組織の元気づくり 第7回 「リアルタイム・ビデオ(RTV)」

成熟社会。正解のないビジネス現場。社内のコミュニケーション不足――
これらの課題に、即効性のある薬などないことは、誰もが感じているだろう。
この状況に風穴を開ける術は、全くないのだろうか?
その問いに挑むのが、神戸大学で金井壽宏先生が主催する第4期「人勢塾」。
本誌では、「人勢塾」全10回の授業をレポート。
施策1つで問題を解決するのではなく、組織全体へ多様なアプローチをする。
そんな「組織開発」の手法を学び、ぜひ現場で試していただきたい。

残り:2,887文字

/

全文:3,849文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

金井 壽宏
神戸大学社会科学系教育研究府長、大学院経営学研究科教授(兼務)
1954年生。78年京都大学教育学部卒業。80年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程を修了。89年マサチューセッツ工科大学でPh.D.(マネジメント)を取得。92年神戸大学で博士(経営学)を取得。

「人勢塾」とは?
神戸大学大学院経営学研究科の社会連携活動機関でもあるNPO現代経営学研究所が主催の講座。2009年にスタートし(第1期の成果は、『人勢塾--ポジティブ心理学が人と組織を鍛える』(小学館、2010として出版)、2012年5月スタートの今回が第4期となる。「産業社会の元気の原点は、働く人、一人ひとりの元気・勢いにある」という考えのもと、人材教育・組織づくりなどにかかわる多様なセッションを実施。今期は、ただ学ぶだけでなく、現場での実践につなげられるよう、原則1社から2名の参加を必須としている。毎回「その道の本物・達人」といわれるゲスト講師を招くのも魅力だ。「人事やラインマネジャーは働く人の応援団。そしてその応援団にも応援団が必要」と語る金井先生。我々人事を応援してくれるような「学び」と「場」が提供されている。

[取材・文・写真]=渡辺 清乃