連載 中原淳の学びは現場にあり! 第19 回 650年続く古典演劇を支える育成システム 伝統を受け継ぐ能楽師の学び

「初心忘るべからず」日本人なら誰もが知るこの言葉は、世阿弥が伝書「花鏡」に著したものです。世阿弥の時代から絶えることなく受け継がれ、現存する世界最古の古典演劇といわれている「能」は、数百年もの間、いったいどのようにして伝承されてきたのでしょうか。能楽師の方にお話を伺いました。

残り:2,978文字

/

全文:3,971文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る