J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年02月号

連載 中原淳の学びは現場にあり! 第19 回 650年続く古典演劇を支える育成システム 伝統を受け継ぐ能楽師の学び

「初心忘るべからず」日本人なら誰もが知るこの言葉は、世阿弥が伝書「花鏡」に著したものです。世阿弥の時代から絶えることなく受け継がれ、現存する世界最古の古典演劇といわれている「能」は、数百年もの間、いったいどのようにして伝承されてきたのでしょうか。能楽師の方にお話を伺いました。

残り:2,978文字

/

全文:3,971文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中原 淳 ( Nakahara Jun)氏
東京大学 大学総合教育研究センター准教授。「大人の学びを科学する」をテーマに研究を行う。共著に『リフレクティブ・マネジャー』(光文社)など多数。
Blog:http://www.nakahara-lab.net/blog/
Twitter ID : nakaharajun
[取材・文] = 井上佐保子 [写真提供] = 長山桂三 [写真] = 杉山正直 [イラスト] = カワチレン