J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年02月号

Opinion 1 組織開発とホールシステム・アプローチ

「ワールド・カフェ」や「フューチャーサーチ」「AI」といった手法について聞いたことはあるだろうか。大勢で会議やワークショップを行うそれらの手法の総称が、「ホールシステム・アプローチ」だ。昨今やたらと耳にするようになってきたこれらの手法は組織開発の新しい流れだという。なぜそうした新しい流れが起きてきたのか。また、組織開発とは、何をどうしていくものなのか。組織行動論の実践編として組織開発を重視する、金井壽宏教授に聞いた。

残り:4,301文字

/

全文:5,735文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

金井壽宏(かない としひろ)氏
1954年生まれ。1978年京都大学教育学部卒業。1980年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程を修了。1989年マサチューセッツ工科大学(MIT)でPh.D. (マネジメント)を取得。1992年神戸大学で博士(経営学)を取得。






[取材・文・写真] = 本誌編集部