J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年03月号

Opinion 総論 経営や市場が期待するイノベーションとは イノベーションはビジネスセンスをもって 意図的に引き起こすもの

イノベーションは企業にとって、これまで以上に重要な課題になってきている。
経営陣が求めるイノベーションを、間接部門である人事部・人材開発部は、
どのようにすれば支援・推進することができるであろうか。
そもそも、イノベーションとは何であろうか。
名だたるグローバル企業がこぞって注力する今、注目の戦略コンセプト、
「リバース・イノベーション」に詳しい慶應義塾大学の小林喜一郎教授に、
イノベーションとは何かを伺った。

残り:3,645文字

/

全文:4,860文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


小林喜一郎( こばやし きいちろう)氏
1980年慶應義塾大学経済学部卒業。
1989年慶應義塾大学経営学修士(MBA)。
1989年から1993年まで三菱総合研究所・経営コンサルティング部主任研究員。
1996年慶應義塾大学経営学博士(Ph.D.)。
1997年4月より、ハーバード大学ビジネススクールヘ留学。
2000年慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授
2006年教授、現在に至る。
2001~06年フランスReims Management School客員教授。


[取材・文]=高橋テツヤ(又隠舎) [写真]=本誌編集部