J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年03月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 京都の文化と歴史を背景に 中長期の視野で 人も技術も関係も育む

エンジン排ガス測定装置分野で80%の世界トップシェアを握る堀場製作所。
そして、同社は海外企業からも、堀場ブランドの傘下に入れてほしいという声が上がるほどのグローバル企業。
そうした世界に通用する魅力の源は、どこにあるのか。「おもしろおかしく」というユニークな社是と、京都の文化の中で培われた目先の利益や流行にとらわれない独自の経営哲学について伺った。

残り:4,745文字

/

全文:6,327文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


堀場 厚氏
生年月日 1948年2月5日
出身校 甲南大学理学部応用物理学科
カリフォルニア大学工学部
電気工学科
カリフォルニア大学大学院
工学部電子工学科修了
1971年 オルソン・ホリバ(米国)入社
1972年 堀場製作所 入社、
ホリバ・インターナショナル
(米国) 出向
1973年 ホリバ・インスツルメンツ
(米国) 出向
1975年 カリフォルニア大学卒業
1977年 カリフォルニア大学大学院修了、
海外技術部長
1981年 海外本部長
1982年 取締役
1988年 専務取締役
1992年 代表取締役社長 就任
2005年 代表取締役会長兼社長 就任
著書に『京都の企業はなぜ独創的で業績が
いいのか』(講談社)。

堀場製作所
1953 年設立。分析・計測機器の総合メー
カーとして、自動車や半導体産業をはじめ新
素材、エネルギー、鉄鋼、食品、バイオ、化学、
環境、医用などの多分野で製品を提供する。
東証一部、大証一部に上場。
資本金:120 億1,100万円、売上高:(単体)
519 億200万円、(連結)1,234億5,600万円、
従業員数:(単体)1,417名、(グループ)5,448
名(全て2011.12月期現在)

インタビュアー/赤堀たか子
Interview by Takako Akahori
写真/行友重治
Photo by Shigeharu Yukitomo