J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年08月号

企業事例③ キッコーマン 入社時からのキャリア開発でステージごとに意識を変える

キッコーマンでは、入社後から15年目までの時期を「CDP(Career Development Program)」期間と位置づけ、社員のキャリア開発を多方面から支援する。その中で“自立”から“自律”へと意識を変え、40歳前後では、組織の意思決定に貢献できるように成長していく仕組みがある。

残り:2,509文字

/

全文:3,345文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

田尻 佳彦 氏 
キッコーマンビジネスサービス 人事部 人事教育グループ長 参事
嶋田 和宏 氏 
キッコーマンビジネスサービス 人事部 人事教育グループ 副参事

キッコーマン
1917年株式会社設立。300年以上の歴史を持つ、国内最大手のしょうゆメーカー。しょうゆ以外にも「食と健康」に関するさまざまな商品やサービスを展開している。2009年10月持株会社制に移行した。
資本金:115億円、売上高(連結):2834億円、従業員数(連結):5268名(2011年3月31日現在)

取材・文/増田忠英、写真/本誌編集部