J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

TOPIC 2 特別インタビュー:従業員エンゲージメントとタレントマネジメントの新潮流相互コミットメントで生まれる会社と従業員のエンゲージメント

これまで日本企業は、従業員満足を高め、企業へのロイヤルティを持たせることを重視してきた。しかし、グローバル規模で雇用の流動性が高まり、個人が自律的キャリアを求める中で、もはやそれだけでは十分ではない。そこでカギを握る概念が、「エンゲージメント」だ。今回はエンゲージメントに関する第一人者であるボブ・ケラー氏と、タレントマネジメントソリューションを提供するシルクロードテクノロジーのCMO、ウィリアム・エド・ヴァセリー氏に、従業員エンゲージメントについて聞いた。

残り:3,135文字

/

全文:4,180文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

ボブ・ケラー(Bob Kelleher)氏
The Employee Engagement Group(従業員エンゲージメントやリーダーシップに関する米国のコンサルティングファーム)の創設者であり、現CEO。従業員エンゲージメントやリーダーシップなどに関する講演、著作、コンサルティングなどを行う。
ウィリアム・エド・ヴァセリー(Wm. Edward Vesely)氏
クラウドベースのタレントマネジメントソリューションを提供するSilkRoad technology 社 (米国)の最高マーケティング責任者(CMO)。

取材・文・写真/石原野恵