J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 世界でいちばん人材が成長する会社へ

東洋哲学をビジネスという観点から捉える時、西洋哲学とは明確に異なる点があると私は考えています。前回、西洋の哲学は現在の社会やビジネスの制度の最上流にある「原子や分子」のようなもの、と説明しました。西洋の哲学は、産業技術や資本主義社会と確実につながっている、というのがその意味です。しかし、東洋思想・哲学は、現在我々が受け入れ、親しんでいる産業技術や資本主義社会を直接産んだわけではありません。この点が大きく異なります。ウイスキー、ビール、ワイン、ソフトドリンク……。おいしさとブランド力が際立つ消費財やサービスを提供し続けているサントリーホールディングスは、創業者の言葉に由来する「やってみなはれ」の精神で、常に新しい価値づくりを行ってきた企業だ。この長年にわたり培われてきた挑戦者精神を地で行くのが、人事本部でキャリア開発部課長を務める田端昌史氏。入社以来、複数の課題に挑戦してきた田端氏は、難問に直面した時には“本質”を徹底的に考え抜くことで、打破することを信条としてきた。そんな田端氏に自身の仕事観・人材育成観を熱く語っていただいた。

残り:3,218文字

/

全文:4,291文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

田端 昌史(Masashi Tabata)氏
人事本部 キャリア開発部 課長
1993年入社。営業推進本部配属。1994年広域営業本部へ組織変更。1995年東京支社営業企画部(当時)。1999年人事部東京支社。担当は、採用・研修・労働組合・昇格候補者試験など。2004年宣伝事業部企画部に異動となる。2006年サントリーパブリシティサービス出向。企画開発部課長、管理本部部長歴任。2010年より現職。

サントリーホールディングス
1899年創業。洋酒、ビール、清涼飲料水等の製造・販売等を行う。2009 年4月1日持株会社制に移行。サントリーホールディングス株式会社を設立した。
資本金:700 億円、連結売上高:1兆8028億円(2011年度)、グループ従業員数:2万8532名(2011年12月31日現在)

取材・文・写真/髙橋美香