J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年08月号

企業事例2 東洋インキSCホールディングス QCサークルの復活・浸透で問題を共通言語で語れる職場をつくる

印刷インキの製造・販売を中心に、多彩な事業を展開している東洋インキグループ。同社では、生産現場のリーダー育成と問題発見力・解決力の強化をめざし、一度は廃止していたQC手法を学ぶためのカリキュラムを2010年から再開させた。生産現場の社員の問題発見感度を高める「QC手法実践プログラム」とはどのようなものか。同社の研修を紹介する。

残り:3,486文字

/

全文:4,648文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

関野 純二 氏
グループ人事部 人材開発グループ グループリーダー
高嶋 一彰 氏
グループ人事部 人材開発グループ
永田 秀俊 氏
グループ人事部(社内講師)

東洋インキSCホールディングス
1896年創業、1907年創立。主に、印刷・情報関連事業、パッケージ関連事業、ポリマー・塗加工関連事業、色材・機能材関連事業の4事業を軸に幅広く展開する。2007年に創立100周年を迎えた。
資本金:317億3349万6860円、売上高:2453億3370万円、従業員数:7155名(連結)、2149名(単独) (数値はいずれも2011年3月31日現在)

[取材・文・写真] = 髙橋美香