J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年09月号

連載 人事の職場拝見! Vol.20 コクヨ グローバル化に備え、グループ各社の制度を統一 「第3の創業期」を全力で支援

ステーショナリーやオフィスファニチャーのメーカーであるコクヨ。創業100 年を超える老舗企業が今、変革期を迎えている。「紙製品」で創業後、1960 年代に第二の創業として「スチール家具」進出を果たし、現在は海外進出のためのグローバル化を推進中だ。このように経営環境が変化する中、人財開発部ではグループを上げて人事制度の改定や新たな人材育成戦略に取り組んでいる。

残り:1,433文字

/

全文:1,910文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

コクヨ
■会社データ
設立:1905年
従業員数:連結6177名、単体148名(2011年12月末現在)
事業内容:オフィスサプライズ(ステーショナリー、オフィスファニチャー)の製造販売、オフィス用品全般の通信販売など
■部門データ
人財開発部:40名
職務内容:労務管理、人材採用、人材育成など