J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年10月号

連載 金井壽宏の「人勢塾」に学ぶ。試す! 人と組織の元気づくり 第3回 「学びの場」のデザイン 人と組織の元気づくり

成熟社会。正解のないビジネス現場。社内のコミュニケーション不足――これらの課題に、即効性のある薬などないことは、誰もが感じているだろう。この状況に風穴を開ける術は、全くないのだろうか?その問いに挑むのが、神戸大学で金井壽宏先生が主催する第4期「人勢塾」。本誌では、「人勢塾」全10回の授業をレポート。施策1つで問題を解決するのではなく、組織全体へ多様なアプローチをする。そんな「組織開発」の手法を学び、ぜひ現場で試していただきたい。

金井壽宏
神戸大学社会科学系教育研究府長、大学院経営学研究科教授(兼務)
1954年生。78年京都大学教育学部卒業。80年神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程を修了。89年マサチューセッツ工科大学でPh.D(. マネジメント)を取得。92年神戸大学で博士(経営学)を取得。

「人勢塾」とは?
神戸大学大学院経営学研究科の社会連携活動機関でもあるNPO現代経営学研究所が主催の講座。2009年にスタートし(第1期の成果は、『人勢塾--ポジティブ心理学が人と組織を鍛える』(小学館、2010として出版)、2012年5月スタートの今回が第4 期となる。「産業社会の元気の原点は、働く人、一人ひとりの元気・勢いにある」という考えのもと、人材教育・組織づくりなどにかかわる多様なセッションを実施。今期は、ただ学ぶだけでなく、現場での実践につなげられるよう、原則1社から2名の参加を必須としている。毎回「その道の本物・達人」といわれるゲスト講師を招くのも魅力だ。「人事やラインマネジャーは働く人の応援団。そしてその応援団にも応援団が必要」と語る金井先生。我々人事を応援してくれるような「学び」と「場」が提供されている。

[取材・文・写真] = 渡辺清乃

学びの「場」に焦点を当てる

第3回の焦点は、「教育」。ゲスト講師は、東京大学准教授・中原淳先生。「大人の学びを科学する」をテーマに、組織・企業で働く人々の能力向上や成長の問題を研究する専門家だ。

自身の領域を、「マネジメントラーニング」だという中原先生。「大人の学びを科学する=サイエンス」と、「大人の学びを創り出す=アート」の両側面から研究を重ねている。「今日は特に『アート』の部分についてお話しします。これまで、学びの場や新たな手法を創る社会的実験を繰り返してきましたので、本日はそれをシェアします」

「導管モデル」を超える

「 一方向・一斉講義での学習効果は、どれくらいだと思いますか? 半年後に講義内容を尋ねられた場合、過去の先行研究によると、あらすじを思い出せる人はたったの2%。キーワードだけなら思い出せる人は、29%。残りの70%は何ひとつ記憶に残っていない。学んでいるつもりで学べていないんです」。現在、中原先生をはじめ「学びのデザイン」に関わる研究者が行っているのは、「導管モデル」の克服である。導管モデルとは、知識のある他者から学習者に、一方向で知識を伝達する、という概念。導管モデルで教えたことは、忘れ去られる運命にあるといっても過言ではない。今回は、5つの「学びの原則」になぞらえて、ケース紹介やワーク、講義を実施。中原先生直伝の「導管モデル突破法」を学ぶ。

大人の学びに欠かせない「対話」

学びの原則1にある、「対話」とは何だろうか。「対話」は、AかB、どちらかを結論にするのではなく、Aといっている人にBの視点が加わり、Bの人にAの視点が加わる。「『対話』とは、1つの理解に達するのではなく、お互いが他者の意見から気づきを得ることといえるでしょう」と中原先生。

また、対話は「異化(=「慣れ親しんだ物事をいったん離れる」という教育用語)」でもある。人は組織に属すると、その思考形式を否応なしに身につけていく。組織の常識を身につけるからこそ自動的に仕事をこなせるようになるのだが、だんだん見えなくなるものが出てくる。「染まってしまった状態(=過剰適応)から抜け出すのにも、対話は効果的です。とりあえず判断を保留しながら、いろいろな人の話を聞いていく。知らないうちにまとった殻を破るキッカケにもなるのです」

Live Report

全10回の3回目。クリエイティブなワークあり、映像あり、講義あり、と盛りだくさんな半日。中原先生の場づくりとテンポ良い語りが、「学びの場」をどんどん楽しいものにしていく。「場のデザイン」の大切さを実感できるセッションだった。

PickUp 1 事例紹介「ラーニングバー」~「対話」を活かした学びの場

聞いて、考えて、対話して、気づく

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,840文字

/

全文:3,680文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!