J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年05月号

Opinion 2 ダイバーシティを理解したうえで 働きがいを丁寧に捉えて4つのバランスで高めていく

働きがいを高めるためには「ほめればいいんだ」「重要な仕事を任せればいいんだ」と単純に理解していないだろうか? 中土井氏は、働きがいを高めるのは、4つの“認知”だという。この4つをバランスよく高められるような対話を上司と部下が丁寧にしていくことでたとえ同じ仕事内容でも、働きがいが向上するのだ。

残り:3,182文字

/

全文:4,242文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中土井 僚(なかどい りょう)氏
オーセンティックワークス 代表取締役
組織変革ファシリテーター。『U理論』(英治出版)の翻訳を担当。U理論をベースに、エグゼクティブコーチングやさまざまな組織開発手法を組み合わせることによりリーダーシップ向上や組織変革の支援を行う。現職の他、U理論の実践を支援する社団法人プレゼンシングインスティチュートコミュニティジャパン理事も兼務。

[取材・文]=木村 美幸 [写真提供]=オーセンティックワークス