J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年11月号

TOPIC ② 2012年 SHRM第64回年次大会より見るHRの潮流 “全ては人に始まり、人に終わる” 戦略的ビジネスパートナーとしての人事

2012年6月24日~27日まで米国ジョージア州アトランタで開催されたSHRM(米国人材マネジメント協会)の年次大会。64回目を数える今大会は1万3000人が集う大規模な会となった。米国シルクロードテクノロジーの人事戦略責任者Tracy McCarthy氏が会を振り返りながら、HRの役割変化を語る。

Tracy McCarthy氏
Senior Vice President of Human Resources
SilkRoad technology Inc.,
シルクロードテクノロジー 人事シニアバイスプレジデント
シルクロードテクノロジーの人事戦略責任者。卓越した組織文化の構築、社員の高いエンゲージメント、人材開発と社員の関係構築、CSRを通じ、成功に向けて熱心に取り組んでいる。フォーチュン500 企業で25 年間以上の人事経験を持つ。ベネディクティン大学院経営学および組織行動学修士。シニアプロフェッショナルヒューマンリソース(SPHR)取得。SHRM ナショナルメンター。

SHRM(米国人材マネジメント協会)とは
SHRM(Society for Human ResourceManagement:米国人材マネジメント協会)は、1948 年に米国で発足した人事部門のスタッフやプロフェッショナルのための協会で、世界140 カ国、25 万人の会員を擁する。毎年6 月に行うカンファレンスは、1 万人以上が集うイベントになっている。
SHRM の特徴は、提供されるトピックの半数が米国の労働規則や給与、雇用など米国特有の制度にかかわるものであることだ。中小企業の人事担当者などにフォーカスした勉強の機会や情報交換の機会を提供したり、Small(50 人~ 250人規模の企業)、Medium(251 人~ 999 人規模の企業)に対する「Best Place Work inAmerica」賞などを設けている。

モバイル対応が進んだ年次カンファレンス

SHRM(Society for HumanResource Management)は、世界140カ国、25万会員が所属する世界最大の人材マネジメント団体である。1948年に設立され、アメリカを中心に575の支部がある。SHRMでは、HRが専門家、メディア、政府、非営利団体、企業、アカデミックなどと連携しながら、人材マネジメントに関して革新的なソリューションを創造していくことをミッションとして、さまざまな取り組みを行っている。

そして、SHRM年次カンファレンスとは、人事関連のプロフェッショナルが集結する世界最大のカンファレンスだ。今年はジョージア州アトランタのワールド・コングレス・センターで、2012年6月24日から27日まで開催された。

会場には海外からの参加者1,000名、SHRM職員、関係者、ボランティア1,000名を含む1万3,000人の参加があり、大盛況であった。著名人による多数の基調講演と200以上ものセミナーが開催され、エキスポホールでは800以上の展示出展があった。

このような大規模なイベントでありながら、細部まで周到に準備されていたことは驚嘆に値するが、なかでも素晴らしかったのは、SHRMから提供された12ものモバイルのアプリケーションによって、開催された全てのセッションに指先ひとつで簡単にアクセスできたことである。

また、多数開催されたセッションは、テーマごとに人事コンピテンシーから最新の人事の傾向に分けられていた。たとえばグローバル人材マーケットにかかわる法務諸問題や文化的背景の重要性と、そのビジネスに及ぼす影響などである。

さらに人事プロフェッショナルのためのPHR、SPHR、GPHR※等の資格取得向けのコースも設定されていた。充実した内容の多岐にわたるコース設定は、選択が困難なほどだった。

今回は多くのセッションの中から、学術的な価値と、実ビジネスにおける人事への有用度、その両方の視点を持ち合わせ、かつグローバルな観点で話ができるスピーカーを選んで、話を聞いた。

※:PHR、SPHR、GPHR……全てSHRMが認定する人事プロフェッショナル資格。PHR(Professional in HR)、SPHR(SeniorP r o f e s s i o n a l i n H R )、G P H R( G l o b a lProfessional of HR)。

開催中に1万件以上のツイートを発信

私はSHRM年次カンファレンスに10年振りに参加したのだが、この10年間の変化は目を見張るものがあった。

最大の変化と鍵となる世界的な最新トレンドは、テクノロジーの進歩と情報伝達の加速度である。特記すべきは、人事関連コミュニティにおける“ソーシャル”のトレンドだ。この地球規模でのソーシャルトレンドは会場内どこを向いても顕著であった。

SHRM会場内には「ハイブ」(蜂の巣、人が集まり活気にあふれる場所)と呼ばれる大きなエリアが設定されており、会場におけるソーシャルメディアのハブとなっていた。

参加者は「スマート・バー」に立ち寄って、大勢いるボランティアからソーシャルメディアに関するアドバイスを受けたり、休憩エリアでリラックスしてスマートフォンやタブレットからライブ・ツイートを発信したり、その日のカンファレンスの様子をフェイスブックにアップすることができた。

ソーシャルはSHRM2012に於ける最大の注目株といえ、開催期間中には1万件以上ものツイートが発信された。

ほどんどの基調講演の中で、ソーシャルトレンドの話題が取り上げられていた。こうした世の中の変化は、職場にも直接影響を及ぼすものである。人事の観点からしても、“ソーシャル”のトレンドはもはや無視できないものとなっているのだ。

オープニング基調講演

Dr. Condoleezza Rice

開幕の基調講演には、前米国国務長官のコンドリーザ・ライス博士が登壇した。彼女のスピーチは、主に国務長官在職中の世界情勢や、アメリカの教育システム、女性問題、そしてグローバル・コミュニティについてであった。

ライス氏は「人々が社会や組織に貢献するためにコラボレートしようとしないことが、大失敗を引き起こす」という。そして人事関係者は弾力性を持って変化に対応すべきだ、と明言した。

環境をコントロールすることはできないが、環境に対する反応はコントロールできる。これが彼女のスピーチのテーマであり、こうした考えは、彼女の両親がいかに彼女を、人生と将来をコントロールできるように育てたかといった経験に基づいている。

ライス博士は、聴衆の政治的背景にかかわらず、インスピレーションを与えられる雄弁家であり、彼女の英知に触れられたことは素晴らしい経験となった。

聴衆は講演が終わった後に、ツイッターを利用してライス氏に質疑応答ができた。これもソーシャルメディアの素晴らしい活用法である。

今後注目される“ミレニアルズ”世代

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,052文字

/

全文:4,103文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!