J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年12月号

特集 関係の中で役割を実践させる “5S”を発揮する強い中堅の育て方

「中堅社員」とは、一般的には“新人以上管理職未満”と幅広で曖昧に捉えられ、実態がつかみにくいという声も聞かれる。そのため人材育成も、一番手薄になりがちである。しかし、将来企業の中核を担う人材として、放ってはおけない時期だ。彼・彼女らには、どういう能力を伸ばし、どういう役割を発揮してもらえば、「組織の要」となってもらえるのか――弊誌ではその新たな視点として、新しい「5S」を訴えたい。

残り:3,409文字

/

全文:4,545文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。