J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年12月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 “世界標準”をつくるのは広い世界でチャレンジするグローカル人材

昇降機専業メーカーとして、65年の歴史を持つフジテック。早くから果敢に海外へ進出し、世界各地に営業拠点、生産拠点のネットワークを広げている。特にシンガポールや香港など、アジアのシェアは高く、際立った存在感を示す。内山高一取締役社長に、世界を攻める人材づくりの秘訣を伺った。

残り:4,809文字

/

全文:6,412文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

内山 高一(Takakazu Uchiyama)氏
生年月日 1951年7月16日
出身校 ニューヨーク大学 経営学部
主な経歴
1976年 4月 フジテック入社 
1978年12月 取締役 
1981年12月 常務取締役 
1989年11月 専務取締役 
1992年 6月 代表取締役副社長 
2002年 6月 代表取締役社長(現任) 
2005年 7月 執行役員社長 就任
2008年10月 グローバルオペレーション本部長
2010年 4月 グローバル事業本部長
現在に至る

フジテック
1948 年2月設立。エレベータ、エスカレータ、動く歩道、新交通システムなどの研究開発・製造・販売・据付・保守。世界23の国と地域に企業拠点、生産拠点を擁するグローバル企業。
資本金:125億3393万円、売上高:1050 億6100万円、従業員数8000 名(連結、いずれも2012年3月現在)

インタビュアー/西川敦子
Interview by Atsuko Nishikawa
写真/堀 敏郎、フジテック提供
Photo by Toshirou Hori