J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年06月号

CASE.1 いなげやウィング 健常者、職場へのフォローが重要 職場適応と定着支援は 迅速、きめ細やかに長い目で

首都圏の1都3県に130店舗を展開するスーパーマーケットいなげや。障害者雇用を拡大し定着を図るために設立したのが、いなげやウィングだ。
 知的障害者・精神障害者を雇用し、いなげやの店舗で健常者とともに長く働き続けてもらうための配慮や新規事業の試みを探る。

残り:4,147文字

/

全文:5,529文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

浮田 俊明 管理運営部次長(兼)事業推進部次長

いなげやウィング
スーパーマーケット「いなげや」の特例子会社として2010年10月設立。主な事業は障害者を採用し、いなげや店舗や関連グループ会社に販売支援業務(人材派遣)。グループ会社全体に障害者への理解を深め、障害者の職場での定着支援活動を行う。

[取材・文]=須藤 智香 [写真]=本誌編集部