J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年06月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 「気骨を持て」「異端児であれ」 400年の伝統が生きる“新・人事訓”

自動車部品、情報通信機器、電子部品、産業素材――1897年の創業以来、独創的な研究開発で業界をリードし続ける住友電気工業。そこに生きるのは、400年にわたり、脈々と受け継がれてきた「住友事業精神」。そして変化を恐れず堂々と歩む姿勢。確固たる基本精神をベースに、強力な結束力のもとグローバル展開してゆく松本正義社長に人づくりへの思いを語っていただいた。

残り:4,217文字

/

全文:5,623文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

住友電気工業 代表取締役社長
松本 正義(Masayoshi Matsumoto)
生年月日 1944年9月18日
出身校 一橋大学 法学部
主な経歴
1967年 住友電気工業 入社 粉末合金事業部 配属
1973〜78年 シカゴ駐在 
1985〜92年 Sumitomo Electric Europe S.A.社長 ロンドン駐在
1992年 自動車企画部長
1997年 取締役支配人中部支社長
1999年 常務取締役
2003年 代表取締役専務取締役
2004年 代表取締役社長 就任
現在に至る

住友電気工業
1897年創業。自動車関連、情報通信関連、エレクトロニクス関連、電線・機材・エネルギー関連、産業素材関連の5つの分野で事業を行う。グループでは、世界30数カ国に約300社になる。
資本金:997億3700万円、連結売上高:2兆593億4400万円、単独売上高:8038億700万円(2012年3月期)、連結従業員:19万4734名、単独従業員:4001名(2012年3月末)。

インタビュアー/西川 敦子 写真/太田 亨