J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年07月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 人財開発の仕事は医療と同じ 問題の分析から解決への処方

人財開発の仕事を医療と重ね、「人財開発部門は、人・事業・組織に関する医師という気概を持って仕事をしています」と語るのは、人事総務本部人財戦略部 主管の森邦夫氏だ。現場に踏み込み、人・事業・組織などのあらゆる視点を考察して解決の糸口を探る。「新入社員の頃の私は、定年まで気楽に働ければいいと思っていた」と笑顔で答えながらも、森氏の仕事ぶりは人財開発部門の枠を越えたものだった。長年の現場経験が形づくる、同氏にとっての“人財開発部門のあるべき姿”とは何か、話を聞いた。

残り:3,248文字

/

全文:4,330文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

森 邦夫(Kunio Mori)氏
1981年(旧)国際電気入社、電子通信事業部配属。生産管理システムの構築や営業、原価調査担当などを経て、2002年総務部人財開発課へ。2007年人事総務本部へ異動後、プロジェクトマネジャー・レジスタードやキャリアアドバイザーの資格を育成施策に活用。現在に至る。

日立国際電気
1949 年、国際電気として設立。2000年、国際電気・日立電子・八木アンテナの3 社が合併し、日立国際電気に。電機メーカーとして、無線通信システム、放送映像システム、半導体製造装置の製造・販売を主力とする。
資本金100 億5,800万円、連結売上高:1,471億8,400万円(2012年3月期)、連結従業員数:5,477名(2012年3月31日現在)

取材・文・写真/髙橋真弓