J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年07月号

CASE.1 大阪ガス 根づき始めたグローバルマインド 仕事力・突破力・語学力を備えた人材を育てる

関西地域のガス供給会社というドメスティック企業のイメージが強い大阪ガスだが、2009年に策定した長期経営ビジョン・中期経営計画「Field of Dreams 2020」を契機に、海外ビジネスのウエイトを拡大する方針を打ち出している。グローバルカンパニーへ脱皮するために必要となるグローバルマインドの育成について、同社の取り組みを取材した。

残り:2,982文字

/

全文:3,976文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

臣 健太郎 氏
資源・海外事業部 計画部 総務チーム

片岡 聖美 氏
人事部 人材開発チーム

大阪ガス
ガスの製造、供給および販売、LPGの供給および販売、電力の発電、供給および販売、ガス機器の販売、ガス工事の受注を主に行う。現在、近畿2府4県の79市30町にガスを供給。資本金:1,321億6,666万円、売上高:1兆1,091億7,500万円(2012年度)、従業員:5,867名(執行役員・理事・嘱託含む。出向者除く。2013年3月31日現在)

[取材・文]=赤堀たか子 [写真]=大阪ガス提供、編集部