J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年07月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 めざすは、挑戦にワクワクし組織を引っ張るドライバー人材の集合体

CVT(無段変速機)でトップシェアを誇るジヤトコは、日産系列の自動車部品メーカーだ。さらなるグローバル展開をめざし、2011年、カルロス・ゴーン氏に請われて就任した新社長は、プラスチック業界出身の秦孝之氏。秦氏が強力に推進する、組織を牽引するリーダー育成について聞いた。

残り:4,586文字

/

全文:6,114文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

秦 孝之(Takashi Hata)氏
生年月日 1958年7月5日
出身校 早稲田大学法学部
主な経歴
1981年4月 日商岩井 入社
1986年6月 米国ノースウェスタン大学経営大学院修了。商社員としてドイツ、インドネシアに駐在
2000年1月 GE入社 香港、上海に駐在
2006年6月 日本GEプラスチックス社長就任
2008年1月 SABICイノベーティブプラスチックスジャパン社長就任
2010年1月 SABICジャパン 社長就任
2011年6月 ジヤトコ 社長就任
現在に至る

ジヤトコ
1999 年設立(前身の日本自動変速機株式会社は1970年設立)。日産、三菱、スズキ、ルノー、GMなど国内外の自動車メーカーにATやCVTといった自動変速機を供給。
資本金:299億3,530万円、連結売上高:6,025億円(2012年3月期)、連結従業員数:10,567名(2012年3月31日現在)
インタビュアー/西川 敦子
Interview by Atsuko Nishikawa
写真/藤枝 彩子(スタジオモア)

Photo by Ayako Fujieda (STUDIO MORE)