J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年09月号

CASE.3 日本航空 危機を乗り越える 新たな判断基準を策定し、 使命を再発見する「人間力」

経営破綻したJAL再建のため、会長として迎えられた、京セラ、KDDIを創業した稲盛和夫氏。稲盛氏といえば、アメーバ経営や、企業家を育てる「盛和塾」などで知られている、日本を代表するプロ経営者である。そのリーダーシップのもと、みごと就任2年目には過去最高益を記録、V字回復を実現する。稲盛氏が行った人間力を基盤にした意識変革に迫る。

残り:3,053文字

/

全文:4,071文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

野村 直史 氏 意識改革・人づくり推進部 部長

日本航空
2010年1月19日に会社更生法の適用を申請し、経営破綻。企業再生支援機構より3,500億円の出資を得て、稲盛和夫氏を会長に迎え経営再建に臨む。その後、驚異的な回復を見せ、2012年度には営業利益(連結)で過去最高の2,049億円を記録。設立:1951年8月、資本金:3,558億4,500万円、営業利益:1,952億円(連結、2013年度)、従業員数:9,405名、連結3万875名(2012年3月現在)

[取材・文]=中村 博昭 [写真]=日本航空提供、中村 博昭